So-net無料ブログ作成
依存症について ブログトップ
前の10件 | -

パチンコ以外のギャンブル [依存症について]


人気ブログランキングへ







私はパチンコ以外のギャンブルもやった事があります。

だいぶ以前の記事にも載せている「競艇」はもちろん、「競馬」「麻雀」もやります。
「競輪」や「オートレース」は今までやったことないですね。
大きな枠組みでいえば、「宝くじ」もこれに当てはまるのでしょうか?宝くじは数えるほどしか買ったことはないですが・・・。

このブログで書いている、「パチンコ」は完全に身を滅ぼすくらいどっぷり依存していましたが、その他のギャンブルについてはというと・・・。

そこまで「寝ても覚めても」という感じではないですね。

麻雀は学生のころに結構な頻度でやっていましたが、今では本当に数えるくらいで、年に1回すればいい方です。
競馬については、Giとかの大きなレースの時に、1000円~2000円くらいの範囲で賭けるくらいです。
競艇がパチンコに次いでやっていたギャンブルで、負けるときは2~3万円の時もありますが、勝つときは10~20万などがあり、おそらくトータルではイーブンくらいだと思います。
といっても、そんなにしょっちゅうやっているものではないので、週に1回くらいの頻度で大阪梅田にある「ボートピア」で舟券を買う程度です。

そして、今では競艇はここ1ヶ月全くやっていません。競馬もだいたい1回の開催毎に1000円くらいのものです。

私の性格などもあるのでしょうが、「パチンコ」とそれ以外のギャンブルでのめり込み度が全く違います。
人によってはパチンコより競馬にのめり込む人もいると思います。

じゃ、私はなぜパチンコにのめり込んでしまったのか?
冷静になって考えてみます。

まずは、
①そこらへんにお店があり、「行こう」と思えばすぐに行ける。
⇒これはそのままですが、日本全国 津々浦々どこにでもパチンコ店はあります。
たとえ出張中などでも、パチンコのネオンを見たら「どんな店かな?ちょっと覗いてみよう」となってました。
②しっかり研究すれば勝てると思いこんでいた。
⇒これは私がパチンコを始めた当初、このブログにも書いていますが、研究すれば結構な勝率が叩き出せたんです。たとえばボーダー理論でいえば、1000円あたり25回がボーダーの機種で30回くらい回る台が探せばそこらへんに落ちていました。場合によっては35回回る台もざらにあったもんです。
また、当時出始めた現金機といわれる機種では、大当たり確率はそのままで、次回大当たりまで時短が続く台があり、そこでしっかり止め打ちをして500回転くらいハマったらドル箱人箱分玉が増えるなんてこともザラにあったんです。
なので、普通に打つのではなく、少し工夫すればパチンコは勝てる!の思いが強すぎ、そういったことが通用する時代が終わっても、「パチンコは勝てる」と勘違いしてズルズル打ってしまって、今のこの状況になったんだと思います。

この2つが大きいと思います。競馬や競艇なんて、今でこそネット投票が普及していますが、競馬であればWINSに行き、あの人混みを進まないと馬券を買えない時代でした。
競艇も、ボートピアができるまでは競艇場に行かないといけませんし、ハードルは高かったと思います。

そういう手軽さもパチンコ依存をこれだけ多く生み出してきた要因なんでしょうね。
また、「パチンコをやめる」となってもスリップしてしまう原因もひとつはこれがあるのかと・・・。

今のところはパチンコに全く興味もなくなりましたし、パチンコのポスターなどを道端でみても、どんな機種かもわからないので、まったく心動くことはありません。
規制も始まるので、もう少し時間が経てば私の知らないパチンコ店になっていくのでしょう。

あとは、私の中で変なスイッチが入らない様に祈るのみです。



人気ブログランキングへ








依存症っていつ治るのか? [依存症について]







現在、パチンコ依存から脱却するために、日頃の生活と節約、脱パチブログを日々漁っております。

中には、脱パチブログを見ていると、「このヒトの考え方はすごいなぁ」と思わされることもしばしば・・・。

そんな人でもパチンコに依存するんだなぁとも思いながらさまざまな方のブログを拝見する毎日です。

そんな時、約1年弱禁パチをしていた方が、スリップしたとの内容があり、結構衝撃を受けました。

その方のブログにも何度かお邪魔していたのですが、結構私と考え方が近いところがあり、なるほどなるほどと思いながら参考にさせていただいていました。

そんな折、スリップした旨の書き込みがありました。

本当に、「あの人がなぜ・・・。」という、三流小説みたいなコメントがでてきそうなほど・・・。

でも、本当にいつ私が同じようにスリップしないとも限らない・・・。

正直、そのブログを拝見するまでは、心のどこかで「パチンコに行きたいという気持ちも、衝動もなくなったし、興味もなくなったからパチンコに行くことはないんだろう」という考えを持っていました。

もうすぐ脱パチから3か月となりますが、そんな私の油断を覆すくらいの衝撃です。

と、なると、どれだけ脱パチを続ければ「ゴール」なんだろう?
1年?
3年?
いやいや、10年?
10年でも足りないのか?

そして、一度スリップをしてしまったら、2回目以降の禁パチ・脱パチは困難を極めると聞きます。

やっぱり油断をしている場合じゃない。気を引き締めないと!




人気ブログランキングへ





依存症について⑰ [依存症について]







脱パチンコを掲げ、約2ヶ月半が経過しました。

ふと、パチンコをやめる直前の気持ちを思い出すことがありました。
あのころは本当に破滅が身近に感じられる状況だったと思います。

借金が膨れ上がり、自身の稼ぎでは借金の返済が見えない状況。
「もしコレが彼女にばれてしまったら・・・。」という自己嫌悪。
でも「パチンコで稼がないと日々の生活が成り立たない」という勘違いの妄想。
その妄想に縛られ、パチンコを続けざるを得ない(と思いこんで)彼女に嘘をつき続け、仕事後にずっとパチンコ店に通い続けたこと。

パチンコに負けて、借金返済のことを思うたびに夜眠れないこともありました。
お金の工面がうまくいったり、パチンコに勝った時には気が大きくなり、豪華な晩御飯にすることもありました。

本当に自分が自分でないような感覚。
「お前はだれやねん?」と投げかけても答えなんてありません。

今の私の立ち位置で見ると、本当にどうしようもない男。
そんな状況になる前に何とかならんかったん?とも思います。
何とかなっているようなら、依存症にはなっていないんでしょう。

でも、当事者の時には、不安は常に抱いているものの、「引くに引けない」という感覚がありました。
パチンコで1万円、2万円と負けてきた時に、「せめて投資分は戻さないと帰れない」という感覚そのままです。

でも、そんなときって、ほとんど投資分帰ってくることはなく、そのまま負債を増やしています。
ただ、「ほとんど」というのがミソで、「必ず」ではないんです。
「たまに」その投資分が戻ってきて、逆転Vをすることがあります。
逆転Vをしたイメージって本当に強いんでしょうね。
今回もその逆転Vを目指して投資を繰り返す。
結果、「あの時やめておけば負債は少なくて済んだ」という結果になります。

そして今、逆転Vもなく、すべてを失いました。
「あの時やめておけばすべてを失うことはなかった」といっても取り返しは尽きません。

今を受け入れ、この状態からどれくらい自分を取り戻せるか。
そして、自分で自分をほめることができるようになるのか。
その答えは、今後の私の取り組み次第だと思っています。


人気ブログランキングへ





依存症について⑯ [依存症について]






今までさんざんこのブログに書いてきた、「パチンコ(ギャンブル)依存症」

本当に多くの方がこの「パチンコ依存症」となり、立ち向かい、時にはスリップしながらも「パチンコをやめる!」思いでさまざまなやり方を模索しております。

私もその一人です。
そのために、今までまったくやった事のないブログを始め、その時その時の心境を綴り、反省と自戒の気持ちが薄れないようにしています。

他の、私と同じ状況の方のブログやネット記事なども見ながら、「そんな考え方があったんだ」と思っています。

昨日も、同じように空き時間に他の方のブログを見ながら、「パチンコを絶対やめる」という内容をたくさん読ませていただきました。

そこでふと感じた事。

今さらですが、

「なぜパチンコをやめるのか。なぜパチンコをやめなければいけないのか。」

本当に今さらです。

こう思ったのは、別に私がパチンコを打ちたくなったからではなく、ただただ「パチンコをやめる」が最終の目的になっている方が多いのかな?と感じたためです。

私がパチンコをやめると決心したのは、パチンコを打ち続けて、借金をして、自己破産手続きをして、彼女に振られ、そんな自分を変えたいと思ったからです。
他人に誇ることができない自分が嫌で嫌で、自己破産手続きまですることとなったので、人並みにもならないと思いますが、せめて自分で自分をほめてあげられるまでがんばりたいと思ったからです。

そのためには、パチンコを打っている暇はない。もうすぐ40になる私はそんな寄り道をしている暇はない。寄り道どころか、自分で自分を褒められる場所から後退してしまう。

だからパチンコをやめるんです。

他の方で、「パチンコをやめたい」と思っている方は、パチンコをやめたその先は見えているのでしょうか?その先が見えていないのであれば、ちょっとした誘惑に負けてしまうのではないでしょうか?

と、思った次第です。






依存症について⑮ [依存症について]







脱パチンコをしてから、2ヶ月半が経過しました。

4円パチンコはもちろん、1円パチンコにもまったく手を出さずに今までを過ごしています。
※スロットは4号機が撤去されてからほとんど打たなくなっていました。

この2ヶ月半を過ごしてきての感想ですが・・・。

「びっくりするぐらいパチンコ(スロット)に興味がなくなった。」
この一言に尽きると思います。

もともと、「パチンコをやめる」となったきっかけは、【パチンコ依存の始まり】でご紹介している通り、借金+彼女との別れです。
借金に関しては現在手続きをすすめているものの、まだ自己破産免責が確定しているわけでもなく、弁護士費用の支払いを進めている段階ですし、彼女とはもちろん関係が戻るわけもなく・・・。

逆にひとり身になり、借金の督促が止まっているため、以前の自転車操業状態に比べるとお金が手元に残りやすい状態になったため、時間やお金に制限がかからない(お金は厳密にいえば使ってはいけないのですが・・・)ので、スリップしてしまうことをすごく恐れていました。

「パチンコをやめる」初期のころは、八つ当たりになるのですが、とにかくパチンコ店のネオンや外観を見るたびに嫌悪感が出ていました。「こいつのせいで・・・・!」と、八つ当たりモード全開でした。

その感情がひと段落するころに、「節約生活」がおおよそ確立されていました。このブログでも少し紹介していますが、
「一日1000円」
「自炊(日曜日におかずやご飯の作り置きをしておき、平日の仕事終わりはそれを消化していく生活)」
「貯金(定期預金+500円貯金)」
この3つをしていくことで、パチンコに使うお金を持つことが少なくなりました。
また、節約を意識しながら買い物をすることで、本来の金銭感覚を取り戻せたのではないかとも思っています。
今では、スーパーのお肉コーナーで普通の牛肉を買うのを躊躇して、割引シールのついた鶏肉を買うようになりました・・・。

この、金銭感覚が戻ったことがだいぶ大きいかと思います。金銭感覚が戻ることで、
「パチンコのサンドに1000円を入れる」事にすごく抵抗を感じます。
これは4円パチンコだろうが1円パチンコであろうが変わりません。

なので、今ではパチンコにお金を使おうという気持ちがなくなり、YouTubeや雑誌などでパチンコ動画やパチンコ漫画を見ていましたが、そういった情報も取り入れなくなったため、完全にパチンコに興味がなくなっちゃいました。

もちろん、何かのきっかけでパチンコを再開しちゃったら行くところまで行くんだろうなぁと思っているので、軽い気持ちでもパチンコは打たないように注意はしています。

今の状態を継続し、まずは「自己破産手続きを粛々と終わらせる。」ことを直近の目標に、次に「市民税の滞納分を完済する。」ことを第二の目標にして、そこから再スタートができるのかと思います。
この2点が解決しないことにはまだまだスタートラインにも立てないと思っていますので・・・。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

依存症について⑭ [依存症について]






パチンコ依存は薬物依存やアルコール依存などと同じく、完治することはない。

今までいろいろな方のパチンコ依存に関するブログを拝見してきて、上記の内容を多く拝見しました。

「私は必ず完治してみせる!」と意気込んでいるわけではありません。
おそらくは私も一生この不治の病と闘っていくのでしょう。

そんな中、薬物依存でおなじみの「田代まさし」さんが以前インタビューか何かで言っていたセリフがあります。

薬物で再犯し、出所した際に記者から「もう薬物は二度とやらないですか?」と聞かれた時の答えです。

「再犯した私が『もう二度とやらない』といっても誰も信じてくれない。今日一日薬物をやらない。そして、一日が終わり、次の日になり、また今日もやらない。それの繰り返しです。』

細かい部分は若干違う部分もあると思いますが、言っている内容としては、「依存症はどれだけ大丈夫と思ってもいつ襲ってくるかわからない。なので、今日一日薬物をやらない。それの繰り返し」ということですね。

ギャンブル依存でも同じだと思います。「私は今後絶対にパチンコをやらない」という意思は持ちながらも、一日一日パチンコをせずに過ごし、「今日も一日パチンコをやらなかった。明日も一日だけパチンコを打たないようにしよう」の繰り返しだと思います。

日によってパチンコを打ちたい衝動は変わりますし、財布の中身にもよって危険度も変わりますし。

そんな、どんな状況にも負けずに「今日も何とか乗り切った」という考え方はありなんだろうと思いました。ものすごいパチンコを打ちたいという衝動が来ても、「今日一日は我慢しよう」で乗り切れる日が来るのかもしれません。







依存症について⑬ [依存症について]






今日、依存症についてふと思った事。

今回の私のような「ギャンブル依存」もそうですし、もしかしたら他の依存症についてもそうかもしれませんが、「ギャンブル依存」でそのギャンブルにハマっている姿って、悪徳宗教にハマっている姿と同じなんじゃないかって思いました。

私は宗教に対して全く関心がなく、神も仏もいないと思っています。ですので、宗教というものをどうしても色眼鏡で見てしまっているのですが、お祈りをして、お布施をして、その人が救われている・・・。

その人が救われているのであれば、お布施を払っても、病院に行っているような感覚でいればよいのでしょうが、もし仮にその人が借金をしてでもお布施をしないといけないと思ってしまい、生活が破たんしてしまっては、その人は救われないんですよね。

パチンコもそう。

自分の趣味として、お小遣いの範囲で節度をもって楽しめているのであればまったく問題ないのでしょうが、ある一線を越え、借金をしてでもパチンコに行くようになるのって、上でいう宗教に借金をしてでもお布施を払うのと同じですよね。

私もパチンコ店にお布施を払いにいっていたようなもんですが・・・。

そして、そこまでのめり込んで、家族や友人が「やめた方がいいよ」といっても、のめり込んでいる間は、悪徳宗教もパチンコも「そんなことはない」と聞く耳を持たなくなるんでしょうね。
「この宗教はよい宗教だ」「この宗教を信仰していれば、いずれ幸せになる」
これをパチンコに置き換えると・・・、
「パチンコは勝てるギャンブルだ」「今はたまたま調子が悪いだけ、いずれ収支がついてくる」
というもんでしょうか。

今はパチンコから離れているため、こういった考えもできるのでしょうが、もしパチンコに依存していた時期であれば、「パチンコと宗教は全く違う」と聞く耳を持たなかったんでしょうね・・・。










依存症について⑫ [依存症について]






パチンコ依存と自覚して、脱パチンコや節約を始めてから、2ヶ月が過ぎました。
今は「パチンコに行きたい!」っていう発作も起こらず、仕事と副業(仕事)と家事に時間を費やしています。

今振り返ると、以前のような、空き時間の大半をパチンコに費やしていた時は本当に異常な思考だったと実感しています。

パチンコを覚えたころはいろいろ台のことを調べたり、始めた当時は今のようなデータ表示付きのナンバーランプもないため、1回転回るごとに玉を1玉ずつ灰皿に入れ、10玉たまったら10円玉に置き換え、10円玉が10枚たまったら100円玉に交換して、回転数をカウントしてボーダーを超えているかを確認したり・・。
そんな風に楽しみながらパチンコをしていたんですが、最近でいえば、ただ単に生活の一部にパチンコが組み込まれていたような感覚になっています。

朝起きて、仕事して、昼ごはん食べて、仕事して、帰る途中に帰り道にあるパチンコ店によってから家に帰る。

もちろん勝って儲けるためにパチンコに行くのですが、末期の時には、「パチンコで勝った額でカードの返済に充てる」ので、仕事の延長でパチンコ店に足を運んでいたような感覚です。

「パチンコをしないと日々の支払いができない!」

本当にギャンブル依存の末期だと思います。

弁護士に相談し、毎月のカードの支払いが止まり、パチンコで勝たないと1か月の生活がなりたたない状況から脱した際には、自身が解放された気分となります。
※もちろん現在手続き中ですので、手続きが完全に終了するまでは解放されたわけではないのですが・・・。

もちろん、そんなパチンコに「楽しい」も「楽しくない」もあるわけないです。
超が付くブラック企業に勤めていたようなものでしょうか・・・。
基本はお金を置いていくけど、たまにボーナスがでるよ。みたいな。

そして今は「残業」みたいな感覚でやっていたパチンコから離れていますが、喪失感みたいなものはありません。以前のブログでもお話ししましたが、長期間パチンコに依存していた方が、パチンコから離れるとぽっかり心に穴があいたような感覚になり、再度パチンコでその穴を埋めにかかるみたいなこともあるようですが、私は日々時間に追われていて、「時間がない」状態だったので、その空いた時間は家事や睡眠にとられ、穴があいたような感覚は今のところありません。

このブログを見ている方はどうでしょうか?以前の私のような、「パチンコが日々の生活の一部になっている」方はいませんか?そこから脱出するためには、私のように弁護士に相談するのも一つの方法かと思います。弁護士でなくとも、ギャンブル依存について書いているブログや掲示板に書き込みをして、決意表明をしてみるのもよいのでしょう。私もパチンコをやめるために、ひこたまさんのブログに書き込みをして、パチンコをやめる決意表明をしました。

今だからこういった観点で物事を見ることができますが、パチンコが生活の一部になっていたときはこんな気持ちを持つことはありませんでした。
その間は人生にもやがかかったような感覚です。自分が自分でない感覚です。
自分の中のもう一人の自分が、「もう無理だよ」と言っているのですが、当の本人はその言葉に耳を傾けることはありません。その言葉は聞こえてはいるのですが、「でもパチンコ以外に脱出する方法がない」と意固地になっていました。

パチンコでその時の状況を解決するなんて絶対に無理なのに。



◆アンケートに答えてポイントをためて現金やTポイントをゲット!
私も使っているポイントサイトです↓◆




◆債務整理の相談に乗ってくれる弁護士事務所の一つです。
全国対応で匿名の無料相談にも乗っていただけます。
手続きをするしないにかかわらず、一度プロの意見を聞いてみてはいかがでしょうか?◆




依存症について⑪ [依存症について]






私自身がパチンコ依存、ギャンブル依存から抜け出すべく、いろいろな方のギャンブル依存の事例をネット上で診てきました。

その中で、ふと目に留まるものがありました。

「パチンコをやめたら、何もすることがなくなって、時間を持て余してしまい、結果として空き時間にパチンコに行ってしまう。」というものです。

私の例でいえば、仕事と寝る以外の時間はだいたいパチンコに費やしていたので、その気持ちはもちろんわかります。
ただし私の場合は、仕事+副業で結構な時間を費やしているので、パチンコの時間がなくなると、睡眠時間が長くなったというだけなのですが・・・。

仕事の都合で、他県で一人暮らしをしていたころはまさに「空き時間にパチンコに行ってしまう」状態でした。仕事が休みで、友人もおらず、テレビを見ていてもあまり面白くない・・・・。
じゃあパチンコだ!といってパチンコ店に足を運んでいました。

その時はまだパチンコ依存(という自覚)がなかったので、パチンコに行くことに抵抗はないのですが、今の状態であれば、たとえ時間がなくてもパチンコに行くことにはすんごい抵抗があります。

でも、他県で暮らしていた時だったら、パチンコ以外で空き時間をどう過ごしていたんだろうなぁとも思っちゃいました。

よく挙げられているのは、「別の趣味を見つける事」とありますが、なかなかこれってハードルが高いんじゃないのかなぁとも思います。

なにせ、私の場合だと20年以上パチンコに費やしてきて、いざそれに代わる趣味って結構難しいなぁと思います。

でも、私は別の趣味を無理やり見つけなくてもいいんじゃないかなぁと思います。

そして、私がとっている方法としては・・・。
「普段の生活に力を入れる!」
何かというと、
・今まで、家の掃除は週に1回、1時間ぐらいだったけど、細かいところまで掃除をして2時間くらい費やしてみる。
・今までコンビニ弁当ばかりだったけど、一品くらい自分で作ってみる。⇒ゆくゆくはすべての自炊をする。
・節約を意識して、今まで全く貯金できなかったけど、月2万円の貯金をする。
・体を動かす。

ってところです。
新しい取り組みをするのは、エネルギーがいると思いますが、普段の生活の延長であれば、少しはハードルが下がるのかと思います。
さらに、部屋がきれいになったり、自分が作った料理を食べると、ちょっと新鮮な気持ちになります。
要するに、「今までやっていたことをさらに追求していく」んです。

それだけで、自分が1UPした気持ちになるような気がします!

それでも時間が余るようであれば、コンビニなどで短時間のバイトをしたり、フィットネスクラブに通うとか、友人と会う時間を増やすなどでしょうか・・・。

私はこの「普段の生活に力を入れる」だけで時間が足りなくなりますので、時間を持て余すことはないのですが、無理に趣味を見つけるのではなく、こういった考え方もありなのでは?

と、思っちゃいました。





依存症について⑩ [依存症について]







いわゆる、「ギャンブル依存」について、私自身の体験を合せながら持論を述べさせていただきました。
パチンコ依存を知る際に参考にさせていただきました、ひこたまさんのブログやネット記事を見ながら、ある一つの思いを抱いています。

「ギャンブル依存は病気だから、あなたは悪くない。あまり自分を責めない様にしましょう。」

おそらくは、自分に矢印を向けすぎて、自分を追い込まない様な優しさがこのコメントに出ているのだと思います。

が、私が思うこととして、やはり自分の責任というのはあり、私を含めた「依存症」になる人の中には甘えがあるから、本当に依存症を脱却したいという人に逃げ道を作っていないのかと考えています。

アルコール依存や薬物依存の場合は身体に異常をきたすケースが多いため、依存症=要治療となるのですが、ギャンブル依存に関しては必ずしも病院に行く必要はないのです。
私もギャンブル依存症ですが、この件で病院に行った事はありません。

以前に書き込んだブログにもありますが、脳の作りなどが変わり、ギャンブルに対して過剰に反応したり、刺激を求める脳の作りになるということにももちろん異論はありません。

ただし、依存症であると自らが認識せず、ギャンブルの深みにはまって手遅れになったということを通常の病気に置き換えてみると、体調が悪いとうすうすは気づいているが、病院で診てもらうなどの処置をせず、重病になってしまったということと同じだと思います。

そうなったときに、「こんな病気にかかったのは運が悪かった」というのもいいのですが、「予防やしっかりとした知識があれば、こんなに重病にならなかったんじゃないか」とも考えます。

私はうすうすとギャンブル依存なのかと認識はありました。今ほどではありませんが、ギャンブル依存のサイトを見て、自己診断をして、明らかにギャンブル依存であると結果が出たにもかかわらずギャンブルをやめる事はありませんでした。

結果、自己破産をし、彼女にも振られることとなりました。

これを「自分はギャンブル依存になったんだから、この依存症のせいだ」として、思考を停止させたくありません。
そこで考えることをやめてしまえば、またギャンブル依存になってしまうと思うからです。

私の中の「甘え」がギャンブル依存を呼び込んだと思っています。

でも、私はこのまま終わりたくありません。「ギャンブル依存」に負けたまま人生を終わらせたくないです。

「ギャンブル依存に勝つ」のは、決してギャンブルで大勝ちして、現金を手に入れることではなく、ギャンブルの怖さを知ったうえで、その依存を断ち切り、自分を再生していくことです。
自己破産まで追い込んだ「ギャンブル依存」、大事な彼女と別れることになった「ギャンブル依存」、これを乗り切る事が自分を再生していくことです。





前の10件 | - 依存症について ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。