So-net無料ブログ作成
検索選択

弁護士との自己破産手続き⑥ [弁護士手続き]


人気ブログランキングへ







前のブログに書いた通り、先日弁護士との手続きに行き、打ち合わせをしてきました。

費用はすべて支払っているので、書類の提出がメインでした。

・直近2ヶ月の家計簿
・反省文
・加入している保険を解約したときの返戻金証明
・直近2ヶ月の給与明細
・家賃の契約書
・過去2年間の通帳の写し

と、これだけの提出をします。
そして、弁護士との間で委任状を書きます。
内容は、住民票など、役所でとるべき書類をその都度私に依頼するのではなく、委任状を使って代理でとりに行ってもいいという内容のものです。

通帳の写しについては、出張中に記帳ができなくてまとめられてしまった期間があり、その期間を銀行から取り寄せなければならないこともあり、先日の打ち合わせではその提出のみができませんでした。

この通帳の写しについては書類が到着次第、先方へ送り、そこから自己破産手続きが開始します。


先日の打ち合わせの際に、今後の流れを質問しました。


①通帳の写しがそろい、すべての書類(裁判所に提出する書類のこと)が揃いしだい、自己破産の申し出をする。
②提出した書類を裁判所側が確認。追加で提出する書類があればその書類を用意してもらうとのこと。
③今回、自己破産手続きを申し出た経緯を直接裁判官が聞きたいと言われた場合、2~3か月後に裁判所にいき、話をしなければならない。(これはない場合もあるとのこと)
ヒアリングが終わり、提出書類・追加書類がそろえば、おおむね2~3か月後に結果がでる。(免責受理・不可)

なので、③のヒアリングがあれば、書類がすべてそろってから約4~5ヶ月で結果が出るそうです。
③がなければ2~3か月くらいで結果が出るとのこと。

弁護士の方が言っていたのは、今回の内容であれば、ほとんどのケースで免責がおりるとのことです。
※もちろん、楽観視してはいませんが・・・

なので、早ければ年内に決着、遅くなれば3月頃になるのかとも思っています。
去年の9月に手続きを依頼して、費用の支払い含め、約1年半の期間、35万円の費用を支払い、手続きをしたこの自己破産手続きもそのあたりで着地すると思われます。

始めたころのブログにも書かせていただきましたが、自己破産手続きをするということが正解だったのかどうか、いまだにわかっておりません。
同じように禁パチ・禁スロのカテゴリでブログを書かれている方では、どんなに金額が大きくても毎月支払いをしている方もいらっしゃいます。
そのような方から見たら、私は自己破産手続きという制度を使い、「借金踏み倒している」のでしょう。

ただ、この制度を使っていなければ、今頃どんな生活を送っていたのか・・・とも考えます。
今、この制度を使っているので、毎月の収支をつけられるようになり、支払いに四苦八苦することはなくなりました。

もちろん、この状況を生み出したのもすべて私のしたことです。誰かの借金を肩代わりしたこともないし、自分が原因なんです。

もしこのブログを見て、自己破産手続きを考えている方がいれば、そういった心情を含め、参考にしていただければ幸いです。


人気ブログランキングへ





自己破産手続きが始まります。 [弁護士手続き]


人気ブログランキングへ






先日よりブログに書かせてもらっているように、約1年前から弁護士による自己破産手続きを依頼しました。
今年の7月には自己破産手続きにかかる費用をすべて払い終え、申請に必要な書類をかき集めていました。

大方必要な書類は用意できていたのですが、仕事がまたまた立て込んでしまい、弁護士との面談予約をとることができませんでした。

ようやく時間調整ができることとなり、9/25(日)に事務所に行き、今後の手続きについて話し合いをしていくことになります。

次回の打ち合わせは、本当に具体的な手続きの話になるので、不安な点はありますし、数回は裁判所に出頭しなければならないので、そういった点でも不安はあります。

ただし、もうこの道を進むしかなく、そこから逃げていても仕方ありません。

どれくらいの期間、この手続きに時間を費やすのかはわからないですが、弁護士の方の助けをもらいながら乗り切っていきたいと思います。

このブログを見ていただいている方で、自己破産手続きはどんな感じなの?と思っている方の参考になれるように記事をアップしていきたいと思います。



人気ブログランキングへ








今更ながら・・・パチンコ依存 [パチンコ依存]


人気ブログランキングへ








最近は弁護士手続きが進み、この内容がブログの中心になってくると思っていましたが、思いのほか仕事が忙しく、早めに弁護士手続きを進めないといけないところ、まだアポイントもとれておらず、手続きが滞っています。
先日ブログに書いた、訴訟通知はまだ届いていないのですが、早く手続きをしないといけないと思いながら、ずるずる言っているのが現状です。

この件については進展があればまた随時アップするとして・・・。
久々にパチンコ依存について書いてみようと思います。

私がパチンコ依存と気づき、パチンコをやめ、一度スリップして、再度禁パチの道を歩んでいます。
最後に行ったのがおそらく2月ごろと思いますので、今で大体7か月くらいはパチンコから離れた生活をしています。

その間、パチンコへの誘惑はありました。最近でもたまにパチンコへの誘惑が出ています。
前回スリップした時も仕事が忙しすぎて、自分の生活が仕事一色になり、少し仕事が落ち着いたときにスリップしました。
今回も、仕事を忙しくしていますが、そこで小休止みたいな期間ができると、
「頑張ったご褒美」
という感覚が出てきます。

こんな感覚を持っているのは、「パチンコを我慢している」という思いがあるからなのか・・。
その答えはわかりません。

パチンコに対する感情の移り変わりは、彼女との生活を失ってパチンコを憎んだ時期が始まりでした。
それこそパチンコのネオンを見ると憎しみが湧き上がってくる。

でも、そんな憎しみの感情は長くは続きません。
それはパチンコ以外でもそうだと思いますが、一人の人や一つのものを憎しみ続けるって、すんごいパワーが必要だと思います。
それこそ、パチンコ依存から抜け出すくらいのパワーを持っているのでは?と思ってしまいます。

そして、憎しみが薄れてきて、仕事が忙しくなり、仕事が落ち着いたときにふと魔がさしました。
そこでスリップすることになってしまいました。

スリップしていた期間でいえば、一か月たたないくらいですが、その時は本当に「パチンコをやめる」という言葉がどこかに行っていました。

そして、再度禁パチへ進むのですが・・・、

その時の私の感情は「憎しみ」ではなく、「無関心」へと変わっていました。
これは大きな出来事だったと思います。

あれほど長時間かかわってきたパチンコに対して「無関心」になるなんて、思いもよらなかったです。
「無関心」になったきっかけは、今のパチンコの基準が変わったからです。

もともと、スロット4号機時代にはパチンコよりもスロットを打つことが多かったのです。
ただ、スロットの規制が入り、5号機に変わったとたん、スロットをほとんど打たなくなったんです。

私の中では、これと同じことがパチンコでも起きていると思っています。

なので、たまに出る「パチンコの衝動」というのは、今年いっぱいまで残っている機種に対してそう感じています。
ですので、来年以降は私が打ちたいと思う機種はなくなっているんだと思います。

でもこれって、自分の力でパチンコをやめられているんじゃなく、周りの環境に助けられてるんだなぁと。
じゃあ、万が一再度パチンコやスロットの規制が変わって、以前の機種がそのまま復活することになればどうなるのか?

今以上に「パチンコ行きたい!」と思ってしまうんだと思います。

それでも、「パチンコに行かない!」という選択肢をとっていけますように・・・。

そんな願いを持ちながら、弁護士手続きが無事終わるようにしていきます。



人気ブログランキングへ