So-net無料ブログ作成
検索選択

パチンコ専門のゲーセン [パチンコ依存]


人気ブログランキングへ







数年前、パチンコの懐かしい台をそろえたゲーセンが大阪難波にあるとネットで知りました。
全国レベルでいえば、「パチンコ博物館」ていう名前などで、わずかながらそんなゲーセンがあるそうです。
ちなみに、ラウンドワンとかにあるメダルゲームの一角にあるパチンコ・スロットとは違い、本当にパチンコ・スロットだけがあるゲーセンです。

難波にある(今はもうない)そのお店を見つけ、その当時ハマりにハマっていた台があるということを知って、その当時仕事で北陸地方に住んでいた私は、休みの日にそのお店まで行ったことがあります。

実際に行ったときには、私の打ちたかった台以外にも「懐かしい」という台があり、いろいろな台を打ちました。
スロットも4号機時代の台が多数ありましたが、人気の機種はすでに埋まっていて、スロットを打つことはありませんでした。

その店では、約2時間ほど滞在し、運の悪いことに仕事で急遽呼び出されそのまま北陸へとんぼ返りということがありましたので、そのままその店を後にしたのですが、あまり後ろ髪をひかれることもありませんでした。

ホールにあった当時はあれだけ好きだった台なのに、ゲーセンで打つとこんなにつまらないのか・・・。という気持ちが相当大きかったんだと思いました。

以前のブログ記事でいえば、私はやはり「パチンコ依存」ではなく「ギャンブル依存」の方なんでしょうね。

そして、よく禁パチのブログを拝見させていただく中で、「どうしてもパチンコに行きたくなったらゲーセンのパチンコを打つ」っていう記事があるのですが、これはあまり「禁パチ」には意味がないんじゃないかと思っています。

私のような「ギャンブル依存」の人であれば、ゲーセンのパチンコやスロットに全く興味がなく、ただの別物扱いで終わるのでしょうし、「パチンコ依存」であればゲーセンのパチンコを打ち続けたら、ゲーセンのパチンコは釘も甘く、大当たりも頻繁に引くので、「ホールでも勝てる!」と勘違いしてホールに逆戻りしてしまうのでしょうし。

「パチンコをやめる!」と決めたのであれば、「ゲーセンのパチンコはOK」みたいなあいまいな部分を残さず、断ち切ることが大事だと思います。



人気ブログランキングへ






生きたお金の使い方 [人物紹介]


人気ブログランキングへ






ついこの間の土日に久しぶりの連休をとることができました!
いつもは連休がないので、休みの一日は掃除や洗濯などの身の回りの家事で終わってしまい、食料の買い物以外はほとんど引きこもっていることが多かったんです・・・。

久々の連休だったので、一日遠出したかったのですが、土曜日が知人と会う約束をしていたので、遠出はできず・・・。

その代り、一日を家事と体休めに費やし、部屋の掃除をみっちりやったうえで、日曜日に近所のショッピングモールまで足を運びました。

最近は引きこもりがちだったので、ひさびさのショッピングモールもすごく新鮮に映り・・・。
貯金をすると掲げていながら、靴やシャツ、本などを買いあさりました。

以前のブログ記事にも載せていましたが、今は買い物をするのにもすこし躊躇してしまうのですが、今回は
「思い切って買い物しちゃえ!」と思い、モール内のすべてのお店をくまなく回り、買いものをしていきました。

そして、これも以前のブログに載せていますが、しっかりと家計簿をつけています。
買い物をしたら、すぐに家計簿(マネーフォワード)に打ち込む・・・。

そして、この日曜日に使った額は!
12000円!

両手に荷物を抱えながら家に着いたのですが、パチンコと違い、家にモノが残ることがいいなぁと実感!

きっとパチンコに通っていたころは、一日の休みができたら、

「まずはパチンコ!」

となり、

「勝ったらお買い物もしくは豪華な食事」

なんて考えていたんでしょうね。その結果、パチンコは惨敗し、豪華な食事はいけないけど、コンビニとかで、
「パチンコに使ったと思えばいいや!」と考えながらビールやお惣菜、弁当などを大量に買い、家のテーブルに並べながら一日を後悔していたと思います。

それを考えても、12000円なんて、パチンコで1時間持たないくらいの金額ですし、お買い物自体も同じくらいの時間で買いましたが、有意義な使い方だと思っています。

でも、貯金も頑張らなくちゃ・・・。


人気ブログランキングへ






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

ブログ記事101回! [人物紹介]


人気ブログランキングへ







去年9月から始めているこの「禁パチブログ」ですが、この度、記事数101回を迎えることとなりました!

・・・
・・・・・・

単に100回目の記事を気づかずそのまま書いちゃったから、101回記念なんですけどね・・・。

一度2月にスリップをしてしまいましたが、そこから再度禁パチして、5ヶ月弱です!
そして、再度このブログをイチから目を通しました。

自分のことなのですが、やはりパチンコを打ち続けて思うことは、「なぜもっと早くに禁パチをしなかったのか」という後悔ばかりです。

今まででも、もっと以前にパチンコをやめるタイミングはあったはず。
以前に債務整理をしたとき
10ヶ月前まで付き合っていた彼女と付き合い始めたタイミング

でも私はその時に気づくことができなかった。
その当時に「パチンコは自己責任」とおもっていながら、自己破産手続きや彼女との別れなど、周りに迷惑をかけてしまっていました。

そして、自己破産手続きや彼女との別れという「底付き」になって初めて「禁パチ」へと進みました。

すでに手遅れの状態からのスタートです。

でも、その手遅れの状態からでも「このタイミングで気づけて良かった。気づくのがもっと遅かったらもっと手遅れになっていた。」と思えるように、私はほんのわずかながら前へ進んでいます。

私の年齢を考えると、もう人並みの幸せにはたどり着けないかもしれません。
それでも私は生きていかなければいけないんです。

数年先、数十年先になって、「いろいろあったけど、あの時に方向転換で来てよかった」と思えるように、これからも今の生活を続けていきます。

私の先の人生に「パチンコ」という4文字は入りません!


人気ブログランキングへ






パチンコ業界について⑮ [パチンコ業界]

私はパチンコ店でのアルバイトで現場にでたことがあり、かつ、5年ほど働いていたパチンコチェーン店で、パチンコ業界については他の方よりも把握していると思っています。

こういったブログやネット情報などでパチンコ業界のことについて書かれていることがありますが、その内容を見ていると、結構飛躍した考えが記載されているものも散見されます。

そこで、私が知りうるパチンコ業界の内容について書いていきたいと思います。


人気ブログランキングへ







●顔認証システムについて

これも、【パチンコ業界について①】で書いている、遠隔操作と関連した内容になっています。
「パチンコ店では顔認証システムを導入している」
「顔認証システムを使って、初めて来店する人には出玉を出して、そのあと出玉を絞る」
などなど・・・。

まず、『顔認証システム』自体は最近の技術で、パチンコ店だけではなく、コンビニなどの小売業などにも導入されています。
コンビニなどで導入されている理由は、万引きを防ぐためです。
万引きが後日カメラで発覚したときに、万引き犯の顔を『要注意人物」として登録しておき、再度犯人が来店したときにエラー音がなり、警告してくれるってものです。

では、パチンコ店で顔認証システムが導入されているのはなぜか?

①パチンコ店で不正をした、いわゆる「ゴト師」を登録しておくため。
②ゴト行為まではないが、迷惑行為などをした「出禁者」の再来店を防ぐため。

が大きな理由です。

この顔認証システムですが、現職でこの業者さんと打ち合わせをしたことがあり、その映像サンプルを見たことがありますが、とんでもなく鮮明に映っています。
それだけ技術が向上しています。

顔認証システムについてはそこそこの費用(ウン百万)がかかるのでパチンコ店で導入しているのは、大手チェーン店や最近できた店舗などで、昔からある古いお店ではほとんど導入されていないと思います。

そして、本題に戻りますが、顔認証システムを使ってお客様が狙い撃ちされ、人によって出玉を操作しているのか・・・。

『そんな事はあり得ません』

ネットなどでよく顔認証システムを使って、「俺狙い撃ちされてる!」なんてことを書いている人がいますが、パチンコ店側からしたら、個人を狙い撃ちする暇はありません。
私から言わせればただの『被害妄想』です。

例えば、パチンコ店以外の業種に例えて、製造の仕事に携わっているとして、一日1000個作る製品の一つ一つに注目したりしないですよね?

居酒屋で接客の仕事をしていて、「この人気に入らない」といってその人だけ値段を変えたり、あからさまに接客態度を変えたりしないですよね?

もし仮に、顔認証システムを導入して、遠隔操作をする設備が整っていたとしても、
パチンコ店では、お店や稼働にもよりますが、延べ人数として設置台数の3倍くらいの来場があります。
その中にはもちろん同じ人が出たり入ったりしていますが、それでもそこまでの人数を一人ひとり見て、
「この人は初めて来た」
「この人は前に出玉をたくさん出したから今日は出さないでおこう」
なんてやるほどパチンコ店の社員は暇じゃありません。
他にやる仕事はたくさんあります。
さらにさらに、「この人は初めて来たお客様だから、出玉を出してまた来てもらおう」と思っても、そのお客様が来るかどうかなんてわからないですよね?もしその人がたまたま出張中で他県から来ていて、たまたま入った店だとしたら・・・。

そんな不確かな情報だけで、遠隔操作をする目的で顔認証システムを導入しません。そもそも遠隔操作をする必要もありません。
※詳しくは【パチンコ業界について①】に書いています。
http://pachi-drop.blog.so-net.ne.jp/2015-09-20

顔認証システムはあくまで、他の業種と同じく防犯面を強化したいために導入しているお店がほとんどだと思います。

余談ですが、最近では顔認証システムだけでなく、駐車場の入り口で、車のナンバープレートを認識する
「ナンバープレート認証システム」なるものもあると聞いています。
これは前述の顔認証システム同様、防犯面強化の意味合いですが、さらに、来店する地域エリアを自動で集計し、販促チラシなどをどのエリアに打つのが効果的なのかというものもあるようです。

※繰り返しになりますが、業界についての記事はパチンコ店を擁護するものではなく、遠隔操作や不正などがなくてもパチンコは「勝てない」ものであるということを伝えたいためです。




人気ブログランキングへ






パチンコ依存とギャンブル依存 [パチンコ依存]


人気ブログランキングへ







ふとしたことから、『パチンコ依存』と『ギャンブル依存』の違いを考えることがありました。
考えるといっても言葉のままですので特に何かオチがあるわけではありませんが・・・。

『パチンコ依存』とは読んで字のごとく、『パチンコ』に対して依存症を患っている。
同じく、『ギャンブル依存』は『ギャンブル』に依存している・・。

何を当たり前のことをってなるのですが、ふと私は「どっちなんだろう?」と思うことがありました。

「禁パチ」を掲げているので、普通であれば「パチンコ依存」なんでしょうが、パチンコにどっぷりハマったところや、直近の心境からもう少し深堀りしていきます。

そもそも、私はなんで『パチンコ』を打つの?
これは人によってさまざまだと思います。

パチンコの演出が見たい。大当たりの瞬間を味わいたい。フリーズを引いて周りから注目されたい。
こんなことが頭に浮かぶのなら、「パチンコ依存」なのかな?

そして、お金を増やしたい。増やしたお金で贅沢がしたい。増やしたお金で旅行に行きたい・・・。
これは「ギャンブル依存」ってことになるのかな?

私のようにパチンコで借金を抱え、どうにもならなくなった人って、『両方です』ってなるんでしょうね。
そもそも、パチンコがギャンブルでなければここまで業界が大きくなることもなく、依存症の人も増えていないんでしょうし。

上の理由が『両方』の場合、どちらの比率が大きく占めているんでしょう?
パチンコ打ちたい?あぶく銭を手にしたい?

他の方もだと思いますが、圧倒的に「あぶく銭を手にしたい」の比率が大きいと思います。それこそ9:1ぐらいの比率なのかな?

となると、私は「パチンコ依存症」よりも「ギャンブル依存」という観点で活動に取り組まないといけないんだろう。

以前のブログでも書きましたが、競馬競艇などは今でもやっています。大体1回で1000~2000円くらいなので、そんなに生活に支障があるわけではないです。

ただ、これを続けていけば、『パチンコ』はやめたけど、『競馬』で同じ轍を踏んでしまうのか?とも考えちゃいました。
そこで、そういった競馬や競艇といった、他のギャンブルも『禁止』しよう!

・・・

・・・・・・

そんなことを思いつきました。

『禁パチ』から『禁ギャンブル』へ変わる瞬間でした。

ではでは




人気ブログランキングへ






貯金が・・・。 [パチンコ依存]


人気ブログランキングへ







禁パチを掲げ、一度のスリップはありましたが、スリップ後5ヶ月弱が経過しました。

仕事が忙しいこともあり、今までは他の禁パチブログを見ながら『頑張ろう』としていたようなこともできず、「仕事」⇒「帰宅」⇒「家事」⇒「寝る」⇒「起きる」⇒「仕事」・・・という、ある種規則正しい生活になりました。

一度スリップしておいていうのもおかしな話ですが、今はパチンコに対する興味や関心、願望などはほとんどない状態になっています。

が、出張から帰ってきて、出張前と出張後で大きな違いが一つあり、
貯金がまったくできていない」

スリップ前はなんだかんだ言って10万円の貯金ができました。(スリップですべて失いましたが)
出張から戻ってきてからは全く貯金ができておらず、毎月の給与がほとんどなくなっています。

家賃や弁護士費用、市民税の滞納支払いは続けていますが、出張前と状況は変わっていないはず。

と、考えていると、出張前と出張後の違い、発見しました!

家計簿をつけなくなってしまった」んです。

出張前や出張中は、以前に紹介した、『マネーフォワード』アプリを使い、収支を出していました。
一度スリップして以降、収支をつけることも無意味と感じてしまい、スリップ中から家計簿をつけなくなってしまったんです。
もちろんスリップ中はパチンコの勝ち負けがあり、勝ったときにはビールやたくさんの食事を摂っていたので、あまり支出の管理も意味をなさなくなったんです。

そして、再度禁パチをするのですが、家計簿は全くつけていませんでした。

それが原因なのかどうかはわかりませんが、やはりお金の流れをしっかり把握しないと貯金ができないんだろうなと・・・。

確かに休日の晩御飯などは、以前であれば支出が多くなったからカレーを作って1週間過ごすなんてしていましたが、今はそんなことをせずに、外食などをしてしまう始末・・・。

再度「禁パチ」をする意味を思い出さないと!

なんで「禁パチ」をするの?
人並みの生活をしたいから!

なんで「貯金」をするの?
「貯金」がないと人並みの生活を送れないから!

さぁ、今日から家計簿・支出管理を頑張ろう!


人気ブログランキングへ





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

禁パチ!続いて〼! [パチンコ依存]


人気ブログランキングへ







またまたブログの更新が約1ヶ月空いてしまいました・・・。

とてもありがたいことに、仕事が結構忙しく、ブログページまで表示することも少なくなっちゃいました。

今までは他の方の禁パチブログを励みに私の禁パチもがんばっていたんですが、最近は他の方のブログを訪問する余裕もなく・・・。

という状況ですが、禁パチについては継続しており、5か月弱が経過しました!
前回禁パチをしてスリップしたのが4ヶ月弱だったと思いますが、それを超えることができました!

スリップしたときにできてしまった滞納している市民税の支払いなどもようやく追いついてきて、少しずつでも貯金ができるようになりそうです!
まだもうちょっと先ですが、10月頃には自己破産の手続きをお願いしている弁護士費用の支払いが終わるので、月35000円が貯金に回せる(もしくは滞納している市民税の支払いに充てられる)ようになります。

仕事が忙しいため、副業の方も少しおろそかになってしまい、今までは月45000円くらいの収入ですが、35000円くらいの収入になりそうですが、先に光が見えてきています。

現時点での直近の目標は、「自己破産手続きを粛々と進めること」です。その先として、「引っ越し費用をため、家賃の少ないところに引っ越しをする。もしくは東京などへ移住して転職を考える」ことです。

私が今やっている業務をもっとレベルの高い業務にしたいという想いがあり、年齢はそこそこ行っていますが、ラストチャンスと思い転職も考えています。
ただ、今は自己破産手続きなどがあるため、まずはそれを終わらせてからと思っていますが、今やっている仕事は、やはり東京の方が市場が広いので、そこで活路を見出したいと考えました。

もちろん、チャンスだけでなく、失敗のリスクもあります。失敗したら年齢が年齢だけにもう次のチャンスはないかもしれませんが、地元で淡々と業務をしていても、これ以上の発展はないと感じてしまいました。

彼女とも別れ、もう失うものはない。最後のチャンスをつかみたい。

そんなことを考えながら、禁パチをしています。

「もうパチンコにかまっている時間はない!」

今はその思いで日々の生活を過ごしています。




人気ブログランキングへ